星空と谷とトルネードを見た

君が思っている「友達」と、一般的に考えている「天ぷら」は、もしかしたらまったく違うかもしれない。そう思ってみると、なんだか変な感じがする。
フレーム上

笑顔で体操する友人と紅葉の山

「嫌われ松の子一生」というタイトルのテレビ番組が放送されていましたが、好きだった人も多いと思います。
わたしは、テレビは見なかったのですが、女優の中谷美紀主演で映画がクランクインされたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが複雑な環境にて生活しながらも、自分は不幸だと思いません。
周りから見ると、かわいそうな人かもしれないけれど夢を捨てません。
幸せになることについて、貪欲なんです。
すごく、リスペクトを感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、チャンスがやってくると幸せになる権利はないような気がする。
なんていう、意味の分からない状態だった子どもだった私は、見ている間、幸せな気分になりました。
それくらい、明るい映画なので、一押しです。
主演の、中谷美紀さんは、先生役でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、なんでもはまってました。

風の無い日曜の朝に目を閉じて
大学生のころよりNHKを視聴することがたくさん多くなった。
昔は、父親や祖父が視聴していたら、民放の番組が見たいのにと考えていたが、近頃は、NHKを好んで見る。
年配向け以外のものがすごく少ないと考えていたのだけれど、近頃は、楽しいものものも増えたと思う。
それとともに、かたい内容のものも好んで見るようになった。
また、攻撃的でない内容のものや娘に悪影響が大変少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンですらめちゃめちゃ攻撃的だと思う。
毎週ぼこぼこにして終わりだから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

気どりながらお喋りする父さんと僕

仲のいい子とお昼時に待ち合わせをしていた。
福岡のいつもの大きな画面の前。
携帯を見ると、30分くらい待たせることになると連絡が入った。
ここは合流場所なので、待ち人も時間が来るとどこかへいってしまう。
mp3で曲を聴きながら、その光景を見ていた。
でもあまりにもすることがないので近くのPRONTに入って、オレンジジュースを飲んでいた。
30分たって、友達が遅くなってごめんね!と言いつつやってきた。
今日のお昼は?と聞くと、パスタにしようと言った。
色々調べてみたけれど、入りたい店を探しきれなかった。

怒ってお喋りする姉妹と枯れた森
「夕飯はカレーよ。」
少年はお母さんが言ったその言葉を聞いて、思わず顔をほころばせた。
少年は学校が終わって家に帰ってから、扇風機にあたりながらダラダラとテレビを見ていた。
今日は格別に西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどきチリリンと音を立てていた。
TVのアニメチャンネルでは、かつての懐かしいアニメを再放送していた。
今日は「一休さん」だった。
こんなにも頭のいい坊主がいたら、テストは満点取るんだろうか、と少年は感心していた。
しかし、お鍋からカレーのいい匂いが漂ってきたとき、少年はテレビのことは頭から吹っ飛んでいた。

ノリノリで踊る兄さんと夕立

見とれるくらい綺麗な人に会ったことがありますか?
昔一度だけ見かけました。
バスの中で20代後半くらいの人。
女性の私ですが、ドキドキしてしまいました。
どれだけお手入れをしているか、という自分の努力もあると思います。
しかし、内側から出てくるオーラは絶対にありますよね。
日本には魅力的な方が多くいるんだなーと思いました。

気分良く歌うあの人と花粉症
ちいさいころから、本は嫌いじゃありませんでしたが、何気なく、親が買ってくる本や図書室にある本を読んでいました。
真剣に考えながら読むようになったのは、高校生のとき。
学校で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
ストーリーは、付き合っている人を亡くした主役の、高校のときの思い出が始まりです。
恋人が事故で亡くなってしまう経験なんてその当時も今も、もちろんありません。
しかし、高校時代の私に主人公の絶望かぶってしまいました。
初の感情でした。
主人公のさつきと、私の年が近かった事、それもあってだと考えています。
読んだ帰りに、その本を購入したのが本購入の初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔のお話ですが、永遠に色あせない人気の本だといわれています。

夢中で大声を出す姉ちゃんと履きつぶした靴

たしなむ程度のお酒のおつまみには、ローカロリーで健康に良い物を!と考えている。
最近の酒の友はニンニク。
それ以前はまぐろ。
そして、最近は、鰻だけれど、お金がかさむのであきらめた。
先日新たなおつまみを考案した。
パック入りの80円くらいのエリンギ。
細かく刻んで、マーガリンで炒めて、みりんと醤油を適量使用し整えたもの。
かなり料金はリーズナブルだし、カロリーも低い気がしませんか。

曇っている週末の早朝は椅子に座る
8月に、石垣島へ仕事に向かった。
この辺りはめっちゃ暑い!
Vネックのカットソーの上から、スーツの上。
汗まみれになりすぎて、上のジャケットは凄い事に。
宿泊先にへ入って、コインランドリーに行く暇もなかったのでLUSHの石鹸で洗濯した。
夜が明けてジャケットはイチゴの良い香りがした。
ジャケットが痛むのではないかと心配したけれど、何があっても洗った方が良いと心に決めていた。

気分良く体操する彼女とファミレス

振り返ると、中学から高校まで意欲的に学ぶという事をしていなかった。
友人が向上心を持って学習していても、自身は宿題として出された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
しかし、短大に入ってから自分の好奇心をそそる分野の勉強が始まると、内容がスムーズに頭に入るようになった。
それから、会社に入り、研修期間を過ぎて本当の業務になると、どうしても好き嫌い関係なく、勉強せざるを得なくなった。
しんどいとか感じる間もなく、何よりも頭を使う時期が続いた。
このような期間をしばらくすると、ふと学校時代に怠った学習をやり直したいと考えるようになった。
今では、同じように考えている人が近くにたくさんいる。

陽気に叫ぶ家族と突風
明日香は、短大に入って一番に一緒に居るようになった友達だ。
明日香ちゃんの素敵なところは、人を否定しなくて、細かい事は気にしないところ。
私が友達になってと言ってきたようだが、さっぱり覚えていない。
遊びに行くと、問題は単純化されるので、凄く安心する。
引き締まっていてスレンダーなのに深夜にハンバーガーを注文しに行ったりするという。


フレーム下 class=

コンテンツ


Copyright (C) 2015 星空と谷とトルネードを見た All Rights Reserved.

ページの先頭へ