星空と谷とトルネードを見た

「発明家」のこと嫌いかな?好きかな?それぞれあるかもだけど、必ずしも悪いものではないよね、「ピエロ」って。そうだよね?
フレーム上

曇っている金曜の昼に食事を

個人的に、嗜好や好みが存在すると思うけれど、どんな感じかリサーチするのが大好き。
仲の良い子に聞いてみたところ、まとまったお金、パステルカラーのランジェリー母の事が大好きとの事。
プラス、男の人の血管の浮いた腕。
最後に、ドイツ語の巻き舌。
私にはピントこない。
リンゴ飴、肌に直接ニット、軽い香水、声の高い男女が好きだと、話してみた。
同じく理解不能だと言われた。
まさにこれが、フェチという分野らしい。

息絶え絶えで跳ねる彼とオレ
このところ、子供が家の外で遊びたがらない。
日差しが強いからか、室内でお気に入りがすごく増えたからか。
多少前までは、非常に運動場に遊びに行きたがっていたのに、ここ最近は、ある程度でも遊びに行きたがらない。
考えるに、父としては、今のところ困ることもなく、気にしないが、だけれども、しかし嫁は少しは考えている。
けれど、暑くてきつい場所でいさせるのも熱中症が不安だ。

笑顔で跳ねる姉妹と花粉症

夏休みも2週間くらい過ぎた頃の日暮れ前。
「カンけり」で鬼になってしまった少年は、ものすごくお腹が減っていた。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕まえた友達が逃げるので、もう本日の缶蹴りは終わらないんじゃないかとうなだれていた。
へとへとにつかれて家に帰ると、ドアを開ける前に、今日の夕飯が判明した。
メチャンコうまそうなカレーの香りに、少年は笑顔になった。

天気の良い仏滅の午前は外へ
タリーズでもドトールでも、さまざまな場所でコーヒーを飲める。
もちろん、部屋でインスタントを入れても手軽だし、自動販売機で買う

私が気に入っているのがスタバだ。
共通してノースモーキングと言うのが、煙草の煙が嫌いな私にはポイントだ。
よって、コーヒーの香りをより楽しめる。
値段も決して安くはないが、立派な豆が使用されているのでコーヒー好きにはピッタリだ。
甘いもの好きには来るたびにコーヒーと一緒に、ついついデザートなどオーダーしてしまうという落とし穴もある。

涼しい土曜の午前にゆっくりと

御盆が間近になって、「とうろう」などの催し物が近くで行われている。
近郊のイベント会場では、竹やすだれで作られたとうろうが据えられていた。
近郊のイベント会場では、暗くなってからは電気の照明は付けられてなくてなくて、ろうそくの明かりだけなのは、めっちゃきれいだった。
竹やペットボトルに囲まれてキャンドルが光っていて、マイルドな灯りになっていた。
温和な輝きが付近の樹々を煌々と照らしていて非常に幻想的だった。

ゆったりと吠える君と夕立
友達の彼氏であるSさんの食品会社で、毎回梅干しを注文している。
酔うと電話をかけてくるSさんの可愛い部下でアルEくんは、なぜか会話がかみ合わない。
ノンアルコールの時のE君は、非常に照れ屋らしくそこまでたくさん話してくれない。
したがって、私自身、E君とじゅうぶんにトークをしたことがない。

ノリノリで歌う君と観光地

友人の自宅のベランダで育てられているミニトマトは、不運なトマトなのかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、実験でリンゴジュースをあげたり、オレンジジュースを与えたり。
酔っぱらった私たちに、ほろよいシリーズの酎ハイを飲まされたこともある。
ミニトマトの親である友人は、次回ぜひトマトジュースを与えてみたいらしい。
もはやミニトマトの心は完璧に関係ない。

勢いで吠えるあの人と失くしたストラップ
セミももう鳴いていない夏の晩。
少年は家の縁側に座って、西瓜を食べていた。
かじってはスイカのタネを外に吐き出していると、ときには種が飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
横に置いているかとり線香の香りと、風の無い暑い夜、そしてスイカの味。
少年はそれぞれを感じながら、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうか、と思っていた。

暑い休日の晩は窓から

だいたいは、至ってシンプルな格好をしている私は、周りにビックリされるけど。
タイツやポーチや飾り物まで揃い、統一して使用したいと思えば節約生活になりそうだ。
でも、ジルは魅力的だ。

悲しそうに吠える姉妹とファミレス
さやかちゃんはパッと見おっとりしているように見られるらしいけど、活発な女友達。
旦那と、1歳になるけんちゃんと、3人暮らしで、ドーナッツ屋さんのななめ向かいのアパートに住んでいる。
パートも子育てもささっと行い、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手。
少しでも暇を見つけると、今夜は空いてる?など絶対電話を入れてくれる。
私は頻繁にケーキを持って、さやかちゃんの家にお呼ばれする。


フレーム下 class=

コンテンツ


Copyright (C) 2015 星空と谷とトルネードを見た All Rights Reserved.

ページの先頭へ