星空と谷とトルネードを見た

アナタが感じている「上司」と、一般的に考えている「不運」は、もしかしたら全く違ってるかもしれない。そうやって思ってみると、ちょっと不思議だね。
フレーム上

気分良くお喋りする家族と俺

ネットニュースを閲覧するけど、新聞を見るのもけっこう好きだった。
現在は、0円で見れるインターネットニュースが多くあるから、新聞、雑誌はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
ただ、小さなころから読んでいたからか、新聞のほうが短時間でたくさんの内容を手に入れることができていたけれど、ネットのほうが関連したニュースをおっていくことが出来るので、濃いところまで調べやすいことはある。
一般的なニュースから関わりのある深いところまで調べやすいけれど、受けなさそうな情報も新聞は目立ちにくいぐらい小さくても記載しているので目に入るけれど、ネットの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
最近では、米国のデフォルトになるという話題が気になる。
債務不履行になるわけないと思っていても、もしデフォルトになったら、他の国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

雹が降った平日の深夜は足を伸ばして
近頃のネイルブースは、スカルプなど、素晴らしく難しい技術が駆使されているようだ。
ちょっぴりサービスしてもらえる招待状をくれたので行ってみた。
人一倍、カラーや雰囲気に対して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間を使った。
小指と薬指に、ちょっとアートをしていただいて、とても機嫌がよくなれた。

気持ち良さそうにお喋りするあの人と枯れた森

スタートさせたら、ものにするまでに多大な時間がかかるものが、世間にはたくさん存在する。
やはり、他言語だろうとみている。
と思っていたが、韓国語は例外的で、日本語と語順が同じ、さらに発音も似ているので、身に着けやすいと言う。
韓国語を学んだ友達は、英語よりわりと身に付きやすいのでやりがいがあるよ、とのこと。
そうと聞いたら夢が膨らんだが、独特な韓国語の文字はお絵かきにしか見えない。

具合悪そうに踊る弟とぬるいビール
人間の70パーセントは水分という研究もあるので、水の摂取は人々の基礎です。
水の補給を欠かさず、みなさん健康的で楽しい季節を満喫したいものです。
ぎらつく日差しの中から蝉の声が耳に入るとこの頃、いつもはそんなに外出しないという方も外に出たいと思うかもしれません。
すると、女性だったら紫外線対策に関して丁寧な方が多いのではないでしょうか。
夏の肌の手入れは夏が過ぎた時に表れるという位なので、やはり気にしてしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気になっているのが水分補給に関してです。
もちろん、いつも水の飲みすぎは、良いとは言えないものの暑い時期はちょっと例外の可能性もあります。
というのは、多く汗をかいて、知らず知らずの間に水分が抜けていくからです。
外出した時の自身の体調も影響することでしょう。
ひょっとして、自分自身が気付かない間にわずかな脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
真夏の水分摂取は、次の瞬間の体に表れるといっても過言にはならないかもしれません。
短時間だけ歩くときにも、小さなもので充分なので、水筒があるととても経済的です。
人間の70パーセントは水分という研究もあるので、水の摂取は人々の基礎です。
水の補給を欠かさず、みなさん健康的で楽しい季節を満喫したいものです。

よく晴れた水曜の晩は歩いてみる

太宰治の、「斜陽」は、休憩なしで読めると思う。
かつては華族の御嬢さんだったかず子が、誰にも負けない女になっていく。
だんだんかっこいいとさえ考えた自分。
この女性のように、誰にも恐れない行動力と、固い意志が戦争が終わったこの頃は必要だったのだろう。
しかし、上原の妻からしたら迷惑極まりないとも思う。

そよ風の吹く金曜の日没に足を伸ばして
一人旅でも業務でも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、日本から近いプサン。
観光ももちろんだが、女の人だったら韓国コスメやネイルなど興味を持っている方も多いだろう。
韓国の人見た目へのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は強い。
就職活動や、パートナー選びの際に、日本よりも露骨に判断されるシチュエーションが多々あるとか。
自然と、韓国製のケア用品は、肌に良い成分が日本製より多く含まれているらしい。
という事で、合う合わないは出てくるものの、効果は期待できるのではないだろうか。

ノリノリで熱弁する家族と冷たい雨

深夜、眠れないとなると、DVDを起き上がって見るのが楽しみ。
昨夜選んだDVDは、エスターというタイトルのアメリカ映画だった。
話の中心の、エスターと言う子はしっかりしているけれど一風変わった9歳の女の子。
ラストに思いもよらない結末があなたを待っている。
これは観賞の経過で、最後にわかる事実が予想できる人がいるか疑問なくらい予想外の終わり方。
というのは、ビクッとさせるのではなく、恐ろしくゾッとするような終わり方だった。
映画は、いつも私の深夜の時を充実させてくれる。
毎回、いつもミリンダだったりお酒だったりもお供しているので、体重が増加するのが分かる。

汗をたらして踊るあなたとあられ雲
ここのところ、小説をぜんぜん読まなくなった。
20代の時は、ほぼ毎日読んでいたけれど、このごろ、仕事が忙しいし、時間をつくりにくい。
もし時間があっても、ゆったりと小説をじっくり読むという心になかなかなれないので、読んでいても楽しく感じられない。
だけれど、かなりはまる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がすごく好きなので、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が自分の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
けれど、次の世代の輝いている新人小説家がいないかと気になるからまた読んでみたい。
けれど、純文学だからと無理に難しい言葉を使っているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

気分良く大声を出す妹と気の抜けたコーラ

友達の彼氏が梅干しを販売しているらしい。
都心に本部があり中国に店もあり、関西の方にファクトリーがある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーで試食会をするらしい。
夜中、こんな話を聞くと、おなかがすいてきた。
「梅干し食べたい」など言うと、いただいたものがあると言いながら出してくれた。
このときに食べた梅干しが、人生で最高に美味しかった。
という事で、早速梅干しを注文してしまった。

息もつかさず口笛を吹くあいつとオレ
笑顔って魅力的だなーと思うので、何があっても笑顔でいるようにしている。
もちろん、時と場合を見て。
しかし、他の人に強制してはダメだ。
要は、一括では言えないけれど個人的な概念として。
会社にいる時はシリアスな表情で一生懸命に仕事していた人が、ほころばせた瞬間。
すごーく大好き。
笑い皺ができる人が大好き!と話す学生時代の友人。
気持ちも納得できるかもしれない。


フレーム下 class=

コンテンツ


Copyright (C) 2015 星空と谷とトルネードを見た All Rights Reserved.

ページの先頭へ